ブログコンテンツのWordPressへの移行

皆さんこんにちは。TAKAです。

FC2ブログで記事をいろいろ書いてきましたが、FC2のツールの使い勝手や今後の展望などを考えて、WordPressに移行することにしました。
FC2は作りこみがしづらいツールですね。

新しいサイトはこちらに作りました。OCNモバイルONEやスマホ関連のカテゴリの記事はこちらに移行していきます。
ぜひよろしくお願いいたします。
スマホとSIMの部屋takasam

なお、「どもり(吃音)」に関するコンテンツは今後も作っていきます。

今後も私のブログをよろしくお願いします。

MTK Engineer modeで見る、Umidigi A3 Proの対応バンド

みなさんこんにちは。TAKAです。

今回は私が所有しているUmidigi A3 Proの対応バンドについて、ご紹介したいと思います。

Umidigi A3 Proは、Umidigiが販売する格安スマートフォンです。

IMG_20200201_172229.jpg

IMG_20200201_172300.jpg

トリプルスロットに対応しています。デュアルSIMで待ち受けしながら、SDカードも利用することができます。
IMG_20200201_172352_1.jpg

MTK Engineer modeとは?


A3 Proに採用されているチップセットは、MediaTek(メディアテック)という台湾のチップセットメーカーのチップセットです。

MTK Engineer mode(MTKエンジニアモード)の、MTKはこのチップセットメーカーの短縮名で、エンジニアモードは、電波の受信状況を確認したり、通信系の設定を変更できるモードとなります。

呼び出し方法


アプリからの起動ではなく、電話アプリ(ダイヤラー)からコマンドを入力し、呼び出します。

隠しコマンド*#*#3646633#*#*を入力します。

Screenshot_20200201-153546.png

しばらくするとメニューが表示されます。

BandModeを開き、対応バンドを見てみましょう!


BandModeをタップします。

Screenshot_20200201-153551.png

続いて、SIM1をタップします。

Screenshot_20200201-153555.png

対応しているバンドが表示されました。

2Gは4バンドすべて対応しています。
3GはBand 1(2100MHz) / 2(1900MHz) / 3(1800MHz) / 4(1700MHz) / 5(850MHz) / 6・19(800MHz) / 8(900MHz) に対応しています。

Screenshot_20200201-153601.png

4GはFDDがBand 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28に対応しています。

Screenshot_20200201-153606.png

Band 18/26に対応していますので、au、UQやAタイプ系のSIMにも対応していますね。
私はBIGLOBEのAタイプで使っていますが、VoLTE通話、データ通信が利用できています。

Screenshot_20200201-153612.png

TDDはBand 38/40/41に対応しています。

Screenshot_20200201-153619.png

ホームボタンをタップすると、Engineerモードを終了して、ホーム画面に戻ることができます。

アメリカのBand 2/4/5/12/13/17にも対応していますので、安心してアメリカにも行けますね。

日本向けは、ドコモ、ソフトバンクだけでなく、au系も対応していますので、利用できるSIMはau 3G対応を除いてほとんど日本のすべてのSIMカードが利用できますね。




さて、今回はUmidigi A3 Proの対応バンドをEngineer modeの画面をもとにご紹介しました。

格安SIMはこちらから申し込みできますので、見てみてくださいね。

OCN モバイル ONE


「BIGLOBEモバイル」のリーズナブルなプラン


今回もご覧いただきましてありがとうございましたヾ(o´∀`o)ノ

Bluetoothバージョンの違い 4.2と5.0

みなさんこんにちは。TAKAです。

今回はBluetoothのバージョンの違いについてご紹介したいと思います。
Bluetooth 5.0対応の製品がでてきて、今使っている機器が新しいスマホで利用できるかなどなど、気になりますよね?

BOSEIMGL3105_TP_V.jpg

Bluetooth 4.2と5.0何が違うの?


大きく違うは転送速度です。
Bluetooth 5.0では2Mbpsに対応しています。

バージョン転送速度(データレート)
Bluetooth 4.21Mbps
Bluetooth 5.02Mbps / 1Mbps / 500kbps / 125kbps

転送速度2Mbps/1Mbpsでの転送速度は100mに対し、125kbpsでは400mの転送が可能になりました。

転送距離はClass(電波強度)により規定される


こちらがクラスごとの到達距離です。

クラス出力 到達距離
Class 1100mW100m
Class 22.5mW10m
Class 31mW1m


Class 1で100mの到達距離になります。

機器のクラスによって到達距離が異なりますので、周辺機器を購入する際には、クラスについても考慮が必要ですね。

上位互換性があるので、Bluetooth 5.0対応機器の場合は4.2の機器とも接続できる!


現在、スマートフォンでもBluetooth 5.0に対応する機器が増えてきました。

Bluetoothは上位互換がありますので、たとえば、Bluetooth 5.0に対応しているiPhone 8などの機器では、Bluetooth 4.2の機器も接続することが可能なのです。

前に買ったBluetooth 4.2のヘッドセットを、iPhone 8で使うなんてこともできますね。


今回はBluetoothのバージョンの違いについてご紹介しました。
今回もご覧いただきましてありがとうございました。ヾ(o´∀`o)ノ

Unihertz Atom Android 9(Pie)にアップデート後の不具合(充電してないのに充電中)

みなさんこんにちは。TAKAです。

通話専用機としても重宝しているUnihertz Atomについて、Android 9(Pie)へのアップデート後の不具合について、改めてご紹介したいと思います。

Unihertz Atom Android 9(Pie)へのアップデート・・・ハードウェア的におかしいのか?


Android 8.1でずーっと使っていたのですが、やっぱりAndroid 9で使ってみたいっていう野望があったんですよね。
なので、Android 9にアップデートしたのですが、充電していないにもかかわらず、充電中のままになってしまいました。

とても残念です。

DSC_0066[2971]

充電中表示が消えないだけでなく、バッテリーの持ちが悪くなるので、ソフトウェアをAndroid 8.1に戻して使いたいと思います!
Android 8.1に書き直すと発生しなくなりますので、おそらく、私のハードウェア固有の問題かもしれませんね。

みなさんお使いのUnihertz Atomはどうですか?
あまり情報がないので、ご利用の読者様、いらっしゃいましたら是非教えてください。

Unihertz Atomの良い点


このサイズ感は本当に素晴らしいと思います。

このサイズでいながら、バッテリー2,00mAh(充電インターフェースType-C)

ストレージ(ROM) 64GB

メモリ(RAM) 4GB なんですよね。

なので快適に使えるんです。

周波数対応も、4GはBand 18/26にも対応しており、au VoLTEの周波数にもしっかり対応しています。
しかもDSDV(デュアルVoLTE)対応なんです。

サイズ、周波数という部分では、フルに日本のキャリアに対応しており、通話専用のコンパクトな電話機としておススメなんですね。



さて、今回はUnihertz AtomのAndroid 9へのアップデート後に発生している不具合についてご紹介しました。

今回もご覧いただきましてありがとうございましたヾ(o´∀`o)ノ

BIGLOBEで取り扱い端末が増えました!端末セットは最大18,000円相当還元!ZenFone Live (L1) (ZA550KL)は実質1円

みなさんこんにちは。TAKAです。

東海地方の今日はちょっと寒かったです。

最近ずっと暖かいですからね、麻痺していたかもしれません。

さて、今回は、BIGLOBEでのお得なキャンペーンをご紹介します!(^-^)/

1月30日~3月末まで!セット販売でのGポイント還元が最大18,000Gポイント



まず、Gポイントについてご説明します。

Gポイントとは
Amazon、nanaco、LINEモバイル、Tポイント、dポイント、Pontaポイント、ANA、JALなどの各種ポイントやマイレージと交換できる、ポイントサービスです。


ポイント交換の一例は、
Amazon:96G→100円分
nanaco:100G→100ポイント
ANAマイレージ:30G→10マイル
Tポイント:100G→100ポイント
Pontaポイント:100G→100ポイント

その他
全国金融機関:200G→200円

そのままお金に換えることもできるんです!

Gポイントの詳細はこちらです!
>>Gポイント<<

さて、前置きが長くなりました。

具体的にどれだけ端末がお得なのか見てみましょう。
実質1円機種もあるのです。

(1) Gポイント18,000Gポイント還元


機種販売価格実質負担
arrows M0534,800円16,800円
BlackBerryKEY283,040円65,040円
AQUOS R2 compact SH-M0955,200円37,200円
AQUOS sense3 plus SH-M1154,480円36,480円
Zenfone Max(M1)(ZB555KL)22,800円4,800円
ZenFone Max Pro (M2) (ZB631KL)35,760円17,760円
ZenFone 6 (ZS630KL) 128GB 69,600円51,600円
moto g7 30,720円12,720円
HUAWEI P3077,760円59,760円


(2) Gポイント17,500Gポイント還元


機種販売価格実質負担
AQUOS sense3 SH-M1236,000円18,500円
Huawei nova 5T54,800円36,980円
OPPO Reno A35,760円18,260円
OPPO A5 202026,640円9,140円


(3) Gポイント16,799Gポイント還元、実質1円!


Zenfone Live(L1)はこんな感じの機種です。

機種販売価格実質負担
Zenfone Live(L1)(ZA550KL)16,800円1円


(4) Gポイント14,000Gポイント還元

機種販売価格実質負担
Moto E517,760円3,760円
AQUOS sense2 SH-M0823,520円9,520円
HUAWEI P30 lite21,120円7,120円




(5) Gポイント1,500Gポイント還元

機種販売価格実質負担
iPhone7(32GB)23,040円21,540円
iPhone7(128GB)32,400円30,900円
上記以外--


SIMのみでの契約もお得!音声プラン400円/月、初月無料、半年間1,200円引き



値引きが半年間はいるので、大変お得に利用できます!





3GBプランは月額400円で半年間使えるのです


料金表


プラン2~7か月8か月目以降
3GBプラン400円1,600円
6GBプラン950円2,150円
12GBプラン2,200円3,400円
20GBプラン4,000円5,200円
30GBプラン6,250円7,450円


とってもお得なキャンペーンなんです。

実質1円機種など、気になった皆さん、ぜひ、BIGLOBEのホームページをご覧ください。






今回はBIGLOBEのキャンペーンをご紹介しました。
今回もご覧いただきましてありがとうございました!

2019年 OSシェアとAndroidバージョンシェア

みなさんこんにちは。TAKAです。

今回は2019年のOSシェアと、Androidでのバージョン別シェアをご紹介したいと思います。

マーケティングで有名なStat Counterという調査会社の更新情報からのご紹介です。
Operating System market share : Stat Counter

Stat Counterはウェブのアクセスなどから分析して、デバイスやOSなどのシェアを分析しています。

さて、それでは見てみましょう!

OSの世界シェア 2019年12月


Androidが一番多いようですね。
パソコンよりもスマートフォンやタブレットなどのシェアが増えているということでしょうか。

ランキング


1. Android 40.47%
2. Windows 34.2%
3. iOS 14.92%
4. OS X 7.24%
5. 不明 1.24%
6. Linux 0.83%

110FA984-1704-4075-96EF-4A135499A2D0.jpeg

WIndowsよりもAndroidシェアが多いことが印象的です。
AndroidはiOSの2.7倍のシェアがあります。

Android がめちゃくちゃ強いです。

では、モバイルでのシェアは?


ダントツのAndroidです。

ランキング


1. Android 74.13%
2. iOS 24.79%
3. KaiOS 0.35%
4. 不明 0.19%
5. Samsung 0.18%
6. Windows 0.13%

A3D3DA3F-4EC8-43B0-903F-A477C4B296A0.jpeg

KaiOSって何?
最初のリリースが2017年のスマートフォンの能力とフィーチャーフォンの手頃さの両立を目的とした、LinuxベースのOSです。
OSの前身はMozillaのFirefox OSで、その後継となります。

4G LTE、GPS、Wi-Fiへ対応しており、アプリはHTML5を採用し、タッチパネルを搭載しないデバイスへのより長いバッテリー寿命を実現しています。

さて、マニアックなOSが出てきましたね・・・

ただ、全体でみますと、AndoridがiOSの約3倍となっております。

圧倒的ですね。

Androidのバージョンシェアは?2019年12月


Android 9.0(Pie)が全体の42%ほどと、最近は新しいOSがインストールされたデバイスを利用しているユーザーが多いですね。

ランキング


1. 9.0 Pie 41.9%
2. 8.1 Oreo 13.53%
3. 6.0 Marshmallow 11.18%
4. 8.0 Oreo 8.47%
5. 7.0 Nougat 7.37%
6. 5.1 Lollipop 6.04%

21C19377-B8B1-4181-8535-53C8870C52B1.jpeg

全体で見ると、8.0 Oreo以降のAndoridのシェアが63.9%となっており、新し目のバージョンを利用しているユーザーが多いですね。


さて、今回はOSのシェアについてご紹介しました。
OSのシェアは世界的にはモバイルだけでなく、デバイス全体でAndoridが多くのシェアを獲得しているようですね。

今回もご覧いただきありがとうございましたヾ(o´∀`o)ノ

OCNモバイルONEの端末セットセールが開催中 1/28~

みなさんこんにちは。TAKAです。

今日はOCNセールのメルマガが届いたのでご紹介したいと思います。

★OCNモバイルONEは、1/28(火)からスマホセットセールが開催中


セール期間 :1/28(火) ~ 2/12(水)





セールのラインナップがすごいです。

大人気のAQUOS sense 3やHuawei P30 lite、めっちゃそそられます。

人気のHuawei P30 liteが5,280円(税込)が一番お値打ちではないでしょうか!!
機種:ZenFone Max Pro M1
セール特価 :1円(税込)


機種:Huawei P30 Lite
セール特価 :5,280円(税込)





機種:AQUOS sense3 SH-M12
セール特価 :12,800円(税込)





AQUOS sense3 は、私のブログでも紹介しています!

★MNPなら、さらに端末台が5,000円引きになります!


AQUOS zeroやROG Phone 2 などが対象のようです
https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one/set.html

回線スピードも安心


2020年1月度に定期的に計測していましたが、20Mbps~100Mbps程度のスピードが出てますので、安心して利用できます。
OCNモバイルONE 速度計測結果 2020年1月

Amazonでの端末価格は?


参考ですが、それぞれの端末価格は次の通りです。
・P30 lite: 25,900円(税込)


・AQUOS sense 3 SH-M12: 34,707円(税込)


・Zenfone Max Pro M1: 23,300円(税込)


端末単体で購入すると意外と高いのです。

なので、今回のようなSIMセット販売は大変オススメなんですね。

さて、今回はOCN モバイル ONEの期間限定セールをご紹介しました。

今回もご覧いただきまして、ありがとうございました!ヾ(o´∀`o)ノ

Black Shark 2への感謝状

みなさんこんにちは。TAKAです。

今回はBlack Shark 2への感謝状を贈りたいと思います。

私が使ってたというだけなので、何をいってんだこいつは・・・って感じですが、私からの感謝状です。
ゲームやらないので、そういう視点ではありません。

DSC_0009.jpg

正直なところキャリアのスマホや、日本市場で多くのスマホが出ていましてそれらの商品のほうが普通で、魅力的だったりします。が、スマホってそれだけじゃないと思います。

次の点で私はBlack Shark からいろいろなベネフィットを受け取ったと思っています。


再度ですが、私は全くゲームをしません。
なので、ゲーム視点ではありません。



・少なくとも2019年6月では最高だった
Snapdragon855を搭載している端末は、その当時国内だとこいつだけだったと思います。
Galaxy S9とかも使っていましたが、ピュアなアンドロイドという点で、操作性も大変良かったです。
ストレージもUFSを採用してますので、動作はほんと満足です。
憧れのSnapdragon855を使ってみたかったというのが一番大きな購入動機でした。

・バッテリーの持ちがいい
ブラウザやYouTubeアプリをよく使うのですが、ガシガシ使ってますが、半年後のいまでも
1日持ちます。
ゲーム端末でゲームやらないのもどうかと思うのですが、私の使い方では、これまで使ったなかで最高峰です。

・充電が爆速
出かける30分前に、付属の充電器で充電しておけば、1日持つくらいの充電ができます。
1時間未満で満充電も完了です。

・カメラも満足、きれいな写真が撮れる
シャッター音鳴らないのも、鬱陶しくなくていいですね。
記録画素1,200万画素らしいですが、それでも十分きれいに撮れます。

IMG_20191224_175004.jpg

DXOMarkでのスコアは、84を取っていますので、そこそこの画質なのです。

Black Shark 2のDXO Mark スコアを見つけました!

ただね、セルフィーは白すぎて、Xperiaとかと比べると劣るなといった感じです。

・通話品質
Dual VoLTE対応で、特別な設定は不要です。
私はドコモとBIGLOBE(Aタイプ、au回線)で使っています。
メーカーとしてはau回線は非対応にしていますが、自分が使っている行動範囲では全く問題ありませんでした。
Band 28のエリアも徐々に整備されているためでしょうか。

・アップデートでDigital Wellbeingに対応した
10月くらいのアップデートでDigital Wellbeingに対応しました。

アプリを指定して、設定した時間帯に無効化できるので、大変重宝しています。
夜くらいゆっくりしたいわ・・・という感じで私はチャットやメールのアプリをOFFにして使っています。

Digital Wellbeingについては私のブログでも紹介していますので、ぜひご覧ください!

Digital Wellbeingはスマホ依存症、お子様を持つ親御さんに最適?(Black Shark 2も対応)[第1回]

Digital Wellbeingはスマホ依存症、お子様を持つ親御さんに最適?(Black Shark 2も対応)[第2回]

・AMOLEDと読書灯
ディスプレイはAMOLEDを採用してます。

また、Android 9の機能で、「読書灯」というディスプレイを黄色めの色目に設定できる機能があります。

これとっても便利で、いつもお世話になっています。

Screenshot_20200127-212629[1]

目が疲れなくていいですね

・スピーカー
音が小さいっていう人もいますが、私は十分です。

おかげさまでTVerとかAbemaTVで迫力を感じてドラマとか見てます。

リアルなサウンドがいいですよ。

通話のスピーカー通話もばっちりです。

・落としても壊れにくい
ケースなしで使っていて、室内で何度か落としていますが、全然大丈夫でした。

でも、皆さんは落とさないでね。

・これからもよろしく
これまでいろんな端末をポケットに入れてきましたが、この端末がDigital Wellbeingに対応してからは、Black Shark 2 1台で乗り切れています。

それだけ快適で、問題がないんです。

これまでいろんな不満があり、端末を乗り換えまくってきましたが、Black Shark 2でしばらく腰を据えて落ち着けそうです。

ゲームやっていない奴の感想なのでいまいちかもしれませんが、この端末で私のスマホへの考え方が変わった気がします。

シンプルなOS、強力なチップセット、カメラもほどほどきれいで満足いくスマホです。

日本にやってきてくれてありがとう!!

不満を言えばいろいろありますが、今後のAndroid 10へのアップデートを含めて、これからも期待できる端末だと思っています。

これからもよろしくね~