Bluetoothバージョンの違い 4.2と5.0

みなさんこんにちは。TAKAです。

今回はBluetoothのバージョンの違いについてご紹介したいと思います。
Bluetooth 5.0対応の製品がでてきて、今使っている機器が新しいスマホで利用できるかなどなど、気になりますよね?

BOSEIMGL3105_TP_V.jpg

Bluetooth 4.2と5.0何が違うの?


大きく違うは転送速度です。
Bluetooth 5.0では2Mbpsに対応しています。

バージョン転送速度(データレート)
Bluetooth 4.21Mbps
Bluetooth 5.02Mbps / 1Mbps / 500kbps / 125kbps

転送速度2Mbps/1Mbpsでの転送速度は100mに対し、125kbpsでは400mの転送が可能になりました。

転送距離はClass(電波強度)により規定される


こちらがクラスごとの到達距離です。

クラス出力 到達距離
Class 1100mW100m
Class 22.5mW10m
Class 31mW1m


Class 1で100mの到達距離になります。

機器のクラスによって到達距離が異なりますので、周辺機器を購入する際には、クラスについても考慮が必要ですね。

上位互換性があるので、Bluetooth 5.0対応機器の場合は4.2の機器とも接続できる!


現在、スマートフォンでもBluetooth 5.0に対応する機器が増えてきました。

Bluetoothは上位互換がありますので、たとえば、Bluetooth 5.0に対応しているiPhone 8などの機器では、Bluetooth 4.2の機器も接続することが可能なのです。

前に買ったBluetooth 4.2のヘッドセットを、iPhone 8で使うなんてこともできますね。


今回はBluetoothのバージョンの違いについてご紹介しました。
今回もご覧いただきましてありがとうございました。ヾ(o´∀`o)ノ