電話が鳴るとドキッとする

みなさんこんにちは。TAKAです。

みなさんもこんな経験がありませんか?

会社の電話が鳴るとドキッとする。

最近Yahooニュースのタイトルに出てきて、久々に思い出しました。

私もめちゃくちゃドキッとして、不安でした。

そして電話に出ると、どもってしまい、心の中で大変苦しい思いを味わいました。

この印象から、転職先でも新入社員研修の電話応対研修が一番嫌いでした。

ドキッとしてスイッチが入ってしまう


電話の音で、ドキッとしてしまう。

そこから、自分が出ないと出る人がいない。

電話に出てどもったらどうしようか心配になる・・・

こんな思いから、電話が鳴ること自体に、構えてしまい、仕事にも集中できず、効率は落ちてしまいます。

どもってしまうと恥ずかしくて、居ても立っても居られなくなってしまう・・・

どもりがある人が電話対応に強くなるためには


何個か決めることがあります。

・攻めるか、引くか
・本格的に克服するか、諦めるか
・上記の中間

一番効率がいいのは、この問題に向き合って、本格的に克服することだと思いますが、私は中間を選びました。

傷つくのが怖いからです。

仕事での最大の目的は何でしょうか?

私の場合はシステムエンジニアでしたので、開発が一番重要でした。

さて、それが電話対応をすることで、手につかなくなるのであれば、それは2番目で良いと思ったのです。

新入社員がそんな理屈をほざくなと言われそうですが、その会社の仕事と長く向き合い、スキルを上げていくためには、それでいいのだと思うのです。

私はこんな理論から、長年をかけて、電話応対も問題がないほどになりました。

電話に出たら勝負です。

「お電話ありがとうございます・・・・」

今では普通になりました。

いつも思うことはどもってもいいということ


いつも思うことは、どもってもいいんだと思うことです。

自分はいつも控えめで、人には好かれたいという思いがありました。

なので、どもると変な奴だと思われそうで、それがいちばんつらかったのです。

自分は可愛く、誰からも傷つけられたくない・・・

そんな風に思っていました。

まさに自尊心の塊でしたね。

今はだいぶ変わりました。

いろんな人がいていい。

どもるのも個性の一つと思うようになりました。

すべての自分を認めて楽になりました。

人に遠慮をする必要もありませんので、相手を尊重しながら、自分が自分であることも認めて、わがままになればよいと思います。

それを実践した結果、今になりました。

社会人14、5年でやっと自分が解放されたような気がします。

さて、今回は電話の思い出から、どもりで電話応対を改善するために自分が試したことをご紹介しました。

ご覧いただきましてありがとうございました。

スマホ関連コンテンツのWordPressへの移行

皆さんこんにちは。TAKAです。

FC2ブログで記事をいろいろ書いてきましたが、FC2のツールの使い勝手や今後の展望などを考えて、WordPressに移行することにしました。
FC2は作りこみがしづらいツールですね。

新しいサイトはこちらに作りました。OCNモバイルONEやスマホ関連のカテゴリの記事はこちらに移行していきます。
ぜひよろしくお願いいたします。
スマホとSIMの部屋takasam

なお、「どもり(吃音)」に関するコンテンツは今後も作っていきます。

今後も私のブログをよろしくお願いします。

MTK Engineer modeで見る、Umidigi A3 Proの対応バンド

みなさんこんにちは。TAKAです。

今回は私が所有しているUmidigi A3 Proの対応バンドについて、ご紹介したいと思います。

Umidigi A3 Proは、Umidigiが販売する格安スマートフォンです。

IMG_20200201_172229.jpg

IMG_20200201_172300.jpg

トリプルスロットに対応しています。デュアルSIMで待ち受けしながら、SDカードも利用することができます。
IMG_20200201_172352_1.jpg

MTK Engineer modeとは?


A3 Proに採用されているチップセットは、MediaTek(メディアテック)という台湾のチップセットメーカーのチップセットです。

MTK Engineer mode(MTKエンジニアモード)の、MTKはこのチップセットメーカーの短縮名で、エンジニアモードは、電波の受信状況を確認したり、通信系の設定を変更できるモードとなります。

呼び出し方法


アプリからの起動ではなく、電話アプリ(ダイヤラー)からコマンドを入力し、呼び出します。

隠しコマンド*#*#3646633#*#*を入力します。

Screenshot_20200201-153546.png

しばらくするとメニューが表示されます。

BandModeを開き、対応バンドを見てみましょう!


BandModeをタップします。

Screenshot_20200201-153551.png

続いて、SIM1をタップします。

Screenshot_20200201-153555.png

対応しているバンドが表示されました。

2Gは4バンドすべて対応しています。
3GはBand 1(2100MHz) / 2(1900MHz) / 3(1800MHz) / 4(1700MHz) / 5(850MHz) / 6・19(800MHz) / 8(900MHz) に対応しています。

Screenshot_20200201-153601.png

4GはFDDがBand 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28に対応しています。

Screenshot_20200201-153606.png

Band 18/26に対応していますので、au、UQやAタイプ系のSIMにも対応していますね。
私はBIGLOBEのAタイプで使っていますが、VoLTE通話、データ通信が利用できています。

Screenshot_20200201-153612.png

TDDはBand 38/40/41に対応しています。

Screenshot_20200201-153619.png

ホームボタンをタップすると、Engineerモードを終了して、ホーム画面に戻ることができます。

アメリカのBand 2/4/5/12/13/17にも対応していますので、安心してアメリカにも行けますね。

日本向けは、ドコモ、ソフトバンクだけでなく、au系も対応していますので、利用できるSIMはau 3G対応を除いてほとんど日本のすべてのSIMカードが利用できますね。




さて、今回はUmidigi A3 Proの対応バンドをEngineer modeの画面をもとにご紹介しました。

格安SIMはこちらから申し込みできますので、見てみてくださいね。

OCN モバイル ONE


「BIGLOBEモバイル」のリーズナブルなプラン


今回もご覧いただきましてありがとうございましたヾ(o´∀`o)ノ

Bluetoothバージョンの違い 4.2と5.0

みなさんこんにちは。TAKAです。

今回はBluetoothのバージョンの違いについてご紹介したいと思います。
Bluetooth 5.0対応の製品がでてきて、今使っている機器が新しいスマホで利用できるかなどなど、気になりますよね?

BOSEIMGL3105_TP_V.jpg

Bluetooth 4.2と5.0何が違うの?


大きく違うは転送速度です。
Bluetooth 5.0では2Mbpsに対応しています。

バージョン転送速度(データレート)
Bluetooth 4.21Mbps
Bluetooth 5.02Mbps / 1Mbps / 500kbps / 125kbps

転送速度2Mbps/1Mbpsでの転送速度は100mに対し、125kbpsでは400mの転送が可能になりました。

転送距離はClass(電波強度)により規定される


こちらがクラスごとの到達距離です。

クラス出力 到達距離
Class 1100mW100m
Class 22.5mW10m
Class 31mW1m


Class 1で100mの到達距離になります。

機器のクラスによって到達距離が異なりますので、周辺機器を購入する際には、クラスについても考慮が必要ですね。

上位互換性があるので、Bluetooth 5.0対応機器の場合は4.2の機器とも接続できる!


現在、スマートフォンでもBluetooth 5.0に対応する機器が増えてきました。

Bluetoothは上位互換がありますので、たとえば、Bluetooth 5.0に対応しているiPhone 8などの機器では、Bluetooth 4.2の機器も接続することが可能なのです。

前に買ったBluetooth 4.2のヘッドセットを、iPhone 8で使うなんてこともできますね。


今回はBluetoothのバージョンの違いについてご紹介しました。
今回もご覧いただきましてありがとうございました。ヾ(o´∀`o)ノ