日本の5G周波数について

皆さんこんにちは。
TAKAです。

 

2019年もあと少しで終わりますね。
私は朝から母とお正月の買い出しに行ってきました。

皆さんいかがお過ごしですか?

さて、新しい年2020年を迎えようとしておりますが、今日は2020年にスタートする予定の5Gについて、周波数帯をメインに紹介していきます。

日本で5Gのサービスはまだ始まっておりませんが、来年から各社サービスを開始するようです。

  • 各キャリアのサービス開始時期
NTTドコモ:2020年春
KDDI:2020年3月
ソフトバンク:2020年3月
楽天モバイル:2020年6月

楽天はキャリアとして2019年12月現在、まだサービスを開始していませんが、6月から5Gもスタートさせるんですね。

  • 割り当てられた周波数
1) 3.7GHz帯(バンド:n77/n78)
NTTドコモ:3600MHz - 3700MHz(n77/n78)
KDDI:3700 - 3800MHz(n77/n78), 4000MHz - 4100MHz(n77)
楽天モバイル:3800MHz - 3900MHz(n77)
ソフトバンク:3900MHz - 4000MHz(n77)

2) 4.5GHz帯(バンド:n79)
NTTドコモ:4500MHz - 4600MHz(n79)

3) 28GHz帯(バンド:n257)
楽天モバイル:27.0GHz - 27.4GHz(n257)
NTTドコモ:27.4GHz - 27.8GHz (n257)
KDDI:27.8GHz - 28.2GHz (n257)
ソフトバンク:29.3GHz - 29.5GHz (n257)

5Gの周波数はレンジ1とレンジ2で分かれていているようです。
レンジとは、範囲ののことですね。

レンジ1:n1 - n90 
レンジ2:n257 - n261

そもそも「n」ってなんだって感じですが5G NR標準で決められた規定の周波数帯のことで、これらの周波数帯には「n」と付くようです。


上記周波数からみると日本では、レンジ1:n77/n78/n79、レンジ2:n257を使うようです。

因みに、n77とn78は共通する周波数帯があります。
n77:3300 - 4200MHz
n78:3300 - 3800MHz

割り当てが多いのはNTTドコモ、KDDIで3つの周波数帯、ソフトバンクと楽天モバイルには2つの周波数帯が充てられるようです。

今回は日本の5G周波数帯について紹介しました。

SIMオタクとしては、SIMフリーのオープンマーケットにどれくらいの端末が発売されるか見どころだとは思っているのですが、おそらくこの年末に参入した、中国のXiaomiや同じく中国のOppoなどが先陣を切って販売をスタートするのではと、今は考えています。

格安SIMでの利用状況は未知の世界ですが、4G時代の現在も快適に使える格安SIMはこちらです!

 

ご覧いただきましてありがとうございました。
次回もよろしくお願いします!

コメント

非公開コメント