Digital Wellbeingはスマホ依存症、お子様を持つ親御さんに最適?(Black Shark 2も対応)[第2回]

皆さんこんにちは。
TAKAです。

今回は前回に続き、Digital Wellbeingの機能についてもご紹介します。

前回はDigital Wellbeingの機能面の特徴について
1)毎日のデバイスの利用状況を確認できる(どのアプリを何時間使ったか?)
2)通知を遮断するなどして、モバイルに左右されず、自分の時間を確保する
3)アプリの利用時間を制限できる(1日~時間とか)
4)ペアレンタルコントロール
5)お休み時のモノクロ表示
とご紹介しましたが、

今日は上の3)~5)についてご紹介します。

  • アプリの利用時間の制限機能
お子様がいる親御さんのお気持ちとして、ゲームばっかりで遊んでいる、LINEばっかりで勉強しない・・・となるとちょっと心配ですよね。

そんな時に、すべてNGとする禁止ではなく、時間で管理する方法がオススメです。

例えば、LINEを1.5時間にするといった感じです。

「ダッシュボード」を見てみましょう。

インストール済みのアプリが表示されます。
起動時間を制限したい、アプリの右側にある、砂時計マークをクリックします。

Screenshot_20200102-092554.png

「OK」をクリックします。

Screenshot_20200102-092526.png

すると砂時計が有効になります。

Screenshot_20200102-123031.png

こんな感じで、アプリごとの起動時間を管理できるようになります。

親御さんだけでなく、もちろん成人している私たちにも有効です。
なんていうか、最近ゲームにはまっちゃってるな・・・なんて思っている方も多いですよね。

時間制限をかけてしまえば、これらのゲームを楽しみつつも、縛られることがなくなるでしょう。

さて、これだけではありません。

  • ペアレンタルコントロール機能
これも親御さんには興味深い機能です。

せっかくタイマー設定しても、お子様が勝手に変更できてしまっては意味がありませんね。
そうなんです。

でも、待ってください、実はー

管理できる機能があります。
「保護者による利用制限」です。

Screenshot_20200102-124929.png

タップして進めていくと、だれが使う端末か、どのアカウントとリンクするか?

Screenshot_20200102-113031.png


Screenshot_20200102-113326.png

などなどを順番に設定していきます。

この設定が終わると、お子様は直接Digital Wellbeingの画面にアクセスできなくなりますので、先ほど上で設定したアプリごとのタイマー時間が勝手に変更されたり・・・なんてこともなくなります。

解除するには、Google設定画面から解除します。

「管理ツールを停止」をクリックします。

Screenshot_20200102-114707.png

Screenshot_20200102-114721.png

以前のAndroidバージョンでは、サードパーティアプリでこのような設定をしていましたが、現在はOSレベルでこうした設定ができるようになって、AndroidもますますOSとしての成熟性を高めてきていると感じました。

  • おやすみモードでグレースケール
ちょっと番外編的な機能ですが、Digital Wellbeingには、グレースケールに変更する機能もあります。
Screenshot_20200102-131749.png

グレースケールの設定は、デフォルトでONです。
Screenshot_20200102-131245.png

おやすみモードをONにすると、設定した時間帯で、画面が完全にグレースケールになります。
目に優しそうですね。

スクリーンショットを撮っても、グレースケールが反映されないので、今回は写真で撮影してみました。
こんな感じになります。
IMG_20200102_132249_1.jpg

振り返るとAndroid 1.5や1.6・・・
懐かしいですね。

当時はパターンロックが搭載されたことを喜んだり、端末がマルチタッチに対応したことを喜んだり・・・2.3からはコピーペーストが簡単にできるようになったりと、2010年頃からわずか10年前のAndroidが懐かしくなってしまいました。

同じごろのiOSとAndroidの差を考えると、Androidの成長度は目を見張るものがありますね。

今回もご覧いただきましてありがとうございました。
次回もよろしくお願いします!

皆さんも一緒にA8.netでアフィリエイトを始めませんか?
A8.net

コメント

非公開コメント