スマホ比較 OPPO Reno A, SHARP AQUOS sense 3, Black Shark 2(6GB+128GBモデル)

皆さんこんにちは。
TAKAです。

今回は同じ価格帯のスマホを比較してみたいと思います。
Reno A, AQUOS sense 3, Black Shark 2です。
価格帯は34,707円~47,080円(1/10時点)です。

[OPPO] Reno A 37,425円


[SHARP] AQUOS sense 3 34,707円


[Black Shark] Black Shark 2(6GB+128GB) 47,080円


スペック比較

早速ですが、比較しました。

機種名 [OPPO] Reno A [SHARP] AQUOS sense 3 Black Shark 2(6GB+128GB)
OS Android 9 Android 9
Android 9
RAM(メモリ) 6GB 4GB 6GB
ROM(ストレージ) 64GB 64GB 128GB
メインカメラ 1600万画素 + 200万画素 約1200万画素+約1200万画素 4800万画素(4 in 1)+1200万画素
フロントカメラ 2500万画素 約800万画素 2000万画素
ディスプレイ 6.4インチ
2340 x 1080
Capacitive Screen

5.5インチ
2160 × 1080
IGZO
6.39インチ
2340 x 1080
AMOLED

CPU(チップセット) Qualcomm SDM 710
Qualcomm SDM 630 Qualcomm SDM 855
バッテリー 3600mAh
4000mAh 4000mAh
USBインターフェース Type C
Type C Type C
対応周波数 GSM: 850/900/1800/1900MHz
WCDMA: Band 1/2/4/5/6/8/19
LTE FDD: Band 1/2/3/4/5/7/8/18/19/26/28
LTE TDD: Bands 38/39/40/41(full-band)

GSM : 1.9GHz/1.8GHz/900MHz/850MHz
3G(WCDMA) : B1/5/6/8/19
FDD-LTE : B1/3/5/8/12/17/18/19
TDD-LTE : B39/41
GSM: Band 2/3/5/8
FDD LTE:Band 1/2/3/4/5/7/8/19/20/28
TDD LTE:Band 34/38/39/40/41
WCDMA:Band 1/2/5/6/8
TD -SCDMA:Band 34/39
対応センサー 磁気センサー 、光センサー 、近接センサー 、加速度センサー 、ジャイロセンサー
ジャイロセンサー、電子コンパス、重力センサー、距離センサー、環境光センサー、スクリーン指紋センサー、ForceTouchセンサー
GPS GPS/A-GPS/GLONASS/Beidou/Galileo
? GPS (デュアルバンドL1 + L5)/AGPS/GLONASS/Beidou
Wi-Fi 2.4/5GHz 802.11 a/b/g/n/ac
IEEE 802.11a/b/g/n/ac 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 5.0
Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.0
SIMスロット nano x 2
nano x 2 nano x 2
SDカード x
x
おサイフケータイ
x
SDカード x
x
価格 37,425円
34,707円 47,080円

メモリ

Reno AとBlack Shark 2は6GBあるので、余裕ある操作を期待の場合は、これらの端末をおすすめします。

メインカメラ

これらの機種すべて、デュアルカメラに対応しています。
画素数ベースでは、Black Shark 2がオススメですが、Oppoはカメラ画質でも有名なので、画素数だけで比較しない場合、Reno Aもおすすめです。

フロントカメラ

画素数だけでいうと、2500万画素のReno Aがおすすめです。
中国ブランドはセルフィー得意ですので、Reno A、Black Shark 2はセルフィーにも期待できます。

ディスプレイ

AMOLED(有機EL)搭載はBlack Shark 2のみです。
大きさで見ると、大きいディスプレイが好みの場合はReno A、Black Shark 2がおすすめです。
画面のコンパクトさではAQUOS sense 3に軍配が上がります。

チップセット

これはSnapdragon 800シリーズなのでBlack Shark 2が最高峰です。
Reno Aも710なので快適操作が期待できます。

USBインターフェース

これは度の端末もType Cです。これからの時代Type Cなので評価できます。

対応周波数

日本のauの対応を考えるとReno A、AQUOS sense 3がおすすめです。
世界バンドで見ると、Reno A、Black Shark 2が良いでしょう。

注意すべきポイントとしては、Black Shark 2はau(KDDI)のプラチナバンド、Band 18/26に対応していません。
Band 28が使えるという考え方もありますが、接続性としては他の2機種より劣りそうです。


対応センサー

どの機種もそれほど変わらないと思います。
Black Shark 2はゲーム特化型の機種なので、Force Touchとか変わったものがついてますね。

GPS

いずれの端末も対応衛星が多いので、精度はそこまで変わらなさそうです。

Wi-Fi/Bluetooth/SIMスロット

Bluetoothプロファイルなどは相違がありそうですが、いずれの端末も同じスペックです。

SDカード

SDカードを使いたい場合はAQUOS sense 3を選びましょう。
Reno AとBlack Shark 2は非対応です。

おサイフケータイ

利用したい場合はReno AとAQUOS sense 3を選びましょう。
Black Shark 2は非対応です。
おサイフケータイ非対応でもQR決済は利用できますので、今どきはそれほど需要が無いかもしれませんね。

価格

AQUOS sense 3が一番安価です。


ポイント

どの機種も性能と比べるとコストパフォーマンスが良い製品だと思います。
どれをとっても損はないと思いますので、使い方を想像しながら選んでみるといいと思います。

大きい画面が必要な場合は、Reno A、Black Shark 2がおすすめす。
コンパクトなスマホが欲しい方にはAQUOS sense 3がおすすめです。

パフォーマンスを追求する場合は、Black Shark 2やReno Aが良いと思います。
特にゲームをたくさんやりたい場合は、Black Shark 2がおすすめです。
正直なところ、SDM855のチップ搭載端末が、47,080円で買えるのは魅力です。


現在おサイフケータイをご利用の方、au回線をご利用の方はReno AかAQUOS sense 3を選びましょう。

全体的なバランスとしては、Reno Aが理想的な端末ですね。


今回もご覧いただきましてありがとうございました。
次回もよろしくお願いします!

コメント

非公開コメント