スマホのUSBインターフェース

皆さんこんにちは。
TAKAです。

今回はmicro USBをインターフェースに持つスマホについて考えてみたいと思います。

micro USB Type-Bとは?

micro USBはUSB2.0インターフェースに準拠した規格で、スマホやタブレットで利用されているものはType Bと呼ばれるものです。

台形のコネクターですね。
台形になっていますので、差し込みの向きに注意が必要です。

現在の主流はType C
一方、現在主流はType Cのケーブルです。
コネクタの形状は、楕円形です。
差し込みの向きを考える必要はありません。

最近は、USB 2.0ながらもType Cインターフェースを有する機器が多く出てきており、急速充電の規格がUSB PDに集約されることなどを考えると、ますますType Cインターフェースのものが多くなってきそうですね。

現在販売中のスマホのmicro USB Type-Bのものを調べてみました。

主力として売られている製品でmicro USB Type-Bを採用しているスマホはこれらの機種です。

Type Cが欲しいと思っている皆さんは、これらのスマホはType-Bなのでご注意ください。


Galaxy A7

割と新しい機種だと思います。トリプルカメラ、AMOLED液晶が特徴です。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Galaxy A7 [通信契約不要]
価格:41800円(税込、送料無料) (2020/1/11時点)


ASUS Zenfone Max Pro M2

スタミナバッテリー 5,000mAh、FullHD+ Gorilla Glass 6、メモリ6GB/ストレージ64GBです。



私も使ってます!
バッテリー4,000mAh、メモリ4GB、ストレージ32GB、Snapdragon 632搭載、160gの薄型スタミナスマホです。

チップセットにKirin 710、メモリ3GB/ストレージ32GBながら、税込20,000円程度の高コスパスマホです。

バッテリー4,000mAh、メモリ4GB/ストレージ64GB、デュアルカメラで約20,000円のコスパが特徴です。


これがすべてというわけではありませんので、参考までにとお考えください。

こうやって見ると、少数ながらもmicro USBの需要はまだまだありますね。
コストが下がるという利点もありますしね。

全体としてはType Cにシフトしていますので、今後さらに需要が下がることが想定されますが、コストを下げることに寄与していると考えると、ありがたい存在でもありますね。

今回はmicro USB Type-Bのスマホについてご紹介しました。
ご覧いただきましてありがとうございました。

コメント

非公開コメント