ちょっと気になるAQUOS sense 3 SH-M12

みなさんこんにちは。TAKAです。

今回はここのところ、人気ランキングの上位にいるSHARPのAQUOS sense 3についてご紹介したいと思います。




スペック



サイズ 約147mm×約70mm×約8.9mm
重量167g
OS Android 9.0
チップセット Qualcomm® Snapdragon™ 630(SDM630)2.2GHz(クアッド)+1.8GHz(クアッド)
メモリ ROM 64GB/RAM 4GB
外部メモリ microSDXC 最大512GB対応
バッテリー4,000mAh
外部接続Type-C / 3.5mm イヤフォンマイク端子
ディスプレイ 約5.5インチ
IGZOディスプレイ
フルHD+ (1,080 × 2,160)
VoLTE/VoLTE(HD+)対応
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac
テザリング15台
Bluetooth 対応プロファイル:HFP、HSP、OPP、SPP、HID、A2DP、AAC、AVRCP、PBAP、FTP、PAN(PAN-NAP)、PAN(PANU)、HOGP
生体認証指紋、顔認証
GPS GPS、GLONASS、BeiDou、Galileo、QZSS(みちびき)対応
カメラ・約1,200万画素 CMOS
F2.0(広角)
電子式手ブレ補正(静止画のみ)

・約1,200万画素 CMOS F2.4(超広角)
電子式手ブレ補正(静止画のみ)
フロントカメラ800万画素 CMOS F2.2(広角)
防水・防塵 IPX5/IPX8(お風呂利用可能)/ IP6X
対応周波数4G: Band1(2.0GHz)/ Band3(1.7GHz)/ Band5(850MHz)/ Band8(900MHz)/ Band12(700MHz)/ Band17(700MHz)/ Band18(800MHz)/ Band19(800MHz)/ Band39(1.9GHz)/ Band41(2.5GHz)

3G: Band1(2.0GHz)/ Band5(850MHz)/ Band6(800MHz)/ Band8(900MHz)/ Band19(800MHz)

GSM: 850/900/1800/1900MHz
おサイフケータイ・NFC 対応

特徴


薄型コンパクトボディに大容量4,000mAhのバッテリー


8.9mmの厚みながら、4,000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

チップセットはSnapdragon 630へ


前モデルのAQUOS sense 2では、Snapdragon 450を採用していましたが、新モデルのAQUOS sense 3では、Snapdragon 630を採用しており、さらに操作性がアップしています。

滑らかに操作できそうですね。

メモリも余裕のスペックへ


RAM 4GB/ROM 64GBとキャリアモデルのように容量が大きくなりましたね。

デュアルカメラ採用


AQUOS sense 2では、シングルカメラでしたが、新モデルではデュアルカメラが採用されています。
1200万画素のカメラが2つ搭載されています。

一つは広角用、もう一つは超広角用です。

アルミボディ採用


最近の廉価端末は、バックパネルに金属を採用していないものが多数ありますが、このAQUOS sense 3はアルミボディを採用しています。

アンテナ用の切り込みが樹脂の部分になります。

こうした事情から、FeliCaのアンテナもカメラのところについています。

アンテナの樹脂部分の配置がなんかiPhoneとかに似ていて高級感が出ていますね。

SDカードにも対応


最大512GBのmicro SDXCに対応しています。

ストレージ大容量化により、microSDカードを採用しない端末も多い中、SDカードサポートは嬉しいですね。

FeliCa/NFCに対応


キャリアでも実績があるブランドなので、FeliCaにも対応しています。
おサイフケータイになじみのある皆さんには良い機能ですね。

防水防塵に対応


お風呂でも利用できるようです。
防水防塵対応は嬉しいですね。

値段は?


Amazonでの購入は35,000円程度とお求め安くなっています。



OCN モバイル ONEなら18,810円(税込)でSIMとセットで申し込めます。

Amazon で購入するより、16,000円近くお得に購入できます。





今回はAQUOS sense 3についてご紹介しました。
ご覧いただきましてありがとうございました。

コメント

非公開コメント