電話が鳴るとドキッとする

みなさんこんにちは。TAKAです。

みなさんもこんな経験がありませんか?

会社の電話が鳴るとドキッとする。

最近Yahooニュースのタイトルに出てきて、久々に思い出しました。

私もめちゃくちゃドキッとして、不安でした。

そして電話に出ると、どもってしまい、心の中で大変苦しい思いを味わいました。

この印象から、転職先でも新入社員研修の電話応対研修が一番嫌いでした。

ドキッとしてスイッチが入ってしまう


電話の音で、ドキッとしてしまう。

そこから、自分が出ないと出る人がいない。

電話に出てどもったらどうしようか心配になる・・・

こんな思いから、電話が鳴ること自体に、構えてしまい、仕事にも集中できず、効率は落ちてしまいます。

どもってしまうと恥ずかしくて、居ても立っても居られなくなってしまう・・・

どもりがある人が電話対応に強くなるためには


何個か決めることがあります。

・攻めるか、引くか
・本格的に克服するか、諦めるか
・上記の中間

一番効率がいいのは、この問題に向き合って、本格的に克服することだと思いますが、私は中間を選びました。

傷つくのが怖いからです。

仕事での最大の目的は何でしょうか?

私の場合はシステムエンジニアでしたので、開発が一番重要でした。

さて、それが電話対応をすることで、手につかなくなるのであれば、それは2番目で良いと思ったのです。

新入社員がそんな理屈をほざくなと言われそうですが、その会社の仕事と長く向き合い、スキルを上げていくためには、それでいいのだと思うのです。

私はこんな理論から、長年をかけて、電話応対も問題がないほどになりました。

電話に出たら勝負です。

「お電話ありがとうございます・・・・」

今では普通になりました。

いつも思うことはどもってもいいということ


いつも思うことは、どもってもいいんだと思うことです。

自分はいつも控えめで、人には好かれたいという思いがありました。

なので、どもると変な奴だと思われそうで、それがいちばんつらかったのです。

自分は可愛く、誰からも傷つけられたくない・・・

そんな風に思っていました。

まさに自尊心の塊でしたね。

今はだいぶ変わりました。

いろんな人がいていい。

どもるのも個性の一つと思うようになりました。

すべての自分を認めて楽になりました。

人に遠慮をする必要もありませんので、相手を尊重しながら、自分が自分であることも認めて、わがままになればよいと思います。

それを実践した結果、今になりました。

社会人14、5年でやっと自分が解放されたような気がします。

さて、今回は電話の思い出から、どもりで電話応対を改善するために自分が試したことをご紹介しました。

ご覧いただきましてありがとうございました。

コメント

非公開コメント